Ryo series 万両、千両、百両、十両、一両

三渓園秋の自然観察会で ”万両、千両、百両、十両、一両” を探訪 左からマンリョウ(万両)、センリョウ(千両)、カラタチバナ(百両)、ヤブコウジ(十両)、アリドオシ(一両) 2015年12月10日 横浜市中区本牧三之谷 関連 Nature observation 三溪園 秋の自然観察会 h…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Sweet Autumn Clematis センニンソウ(仙人草)の果実と髭

三渓園秋の自然観察会でセンニンソウ(仙人草)の果実と髭を探訪 果実には白い毛があり、これを仙人のヒゲに見立てたことからこの名が付いた。 2015年12月10日 横浜市中区本牧三之谷 関連 Nature observation 三溪園 秋の自然観察会 http://hamabra2.at.w…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Japanese Aucuba アオキ(青木)の果実

三渓園秋の自然観察会でアオキ(青木)の赤く熟した実(種類によっては白色、黄色に)を探訪 アオキ(青木)の和名の由来は、常緑で枝も青いため。 2015年12月10日 横浜市中区本牧三之谷 関連 Nature observation 三溪園 秋の自然観察会 http://ham…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Ilex pedunculosa Miq. ソヨゴ(冬青)

ソヨゴ(冬青) 三渓園秋の自然観察会でソヨゴ(冬青)を探訪 ソヨゴ ソヨゴ(冬青、学名:Ilex pedunculosa Miq.)は、モチノキ科モチノキ属の常緑小高木。別名フクラシバ。 特徴 枝は灰色。葉は1-2 cmと長めの葉柄がある。葉身は卵状楕円形、やや革質、光沢があってのっぺりした外見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Japanese Cheesewood トベラ

トベラ(扉) 三渓園秋の自然観察会でトベラ(扉)を探訪 トベラ(扉) 果実は熟すと3裂し、赤い粘液が付着した種子を多数露出し、これが鳥のくちばしなどに粘着して運ばれるといわれる。 枝葉は切ると悪臭を発するため、節分にイワシの頭などとともに魔よけとして戸口に掲げられた。そのため扉の木と呼ばれ、これがなま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Rindo-an 特別公開 林洞庵

三渓園 林洞庵 《紅葉の古建築公開》  *林洞庵 りんどうあん   建築:昭和45(1970)年   宗徧流林洞会から寄贈された茶室。内部に流祖・山田宗徧の揮毫による「林洞」の額が   掲げられていることからこの名がある。山田宗徧は、忠臣蔵でに登場する吉良上野介 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Choshukaku 特別公開 聴秋閣

三渓園 聴秋閣 《紅葉の古建築公開》 *聴秋閣 ちょうしゅうかく (重要文化財)   建築:江戸時代初期 元和9(1623)年、移築:大正11(1922)年   徳川家光が将軍宣下を受けるにあたり上洛した際、京都二条城内に建てられたと伝   えられ、のちに乳母の春日局(かすがのつぼね)が所持したといわれる。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Chrysanthemum exhibition 2015 横浜三渓園 紅葉の古建築公開に、秋を聴く

横浜三渓園 紅葉の古建築公開に、秋を聴く。 2015年12月10日 横浜市中区本牧三之谷 紅葉の古建築公開 ― 亭(ちん)と茶室 聴秋閣(重要文化財)、林洞庵 聴秋閣と林洞庵は、いずれも小型の建物ながら、眺望を楽しみ休息をとるための”亭(ちん)”、 茶を楽しむための茶室と、それぞれ異なる目的・用途で…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more