Japanese Cheesewood トベラ


トベラ(扉)




三渓園秋の自然観察会でトベラ(扉)を探訪



トベラ(扉)

果実は熟すと3裂し、赤い粘液が付着した種子を多数露出し、これが鳥のくちばしなどに粘着して運ばれるといわれる。
枝葉は切ると悪臭を発するため、節分にイワシの頭などとともに魔よけとして戸口に掲げられた。そのため扉の木と呼ばれ、これがなまってトベラとなった(学名もこれによる)。

トベラ@Wikipedia



2015年12月10日
横浜市中区本牧三之谷


Nature observation 三溪園 秋の自然観察会
http://hamabra2.at.webry.info/201512/article_31.html









画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック