Umio rail crossing 探訪 鶴見・生見尾踏切 <横浜市鶴見区>


開かずの踏切として知られる、鶴見・生見尾(うみお)踏切を訪れた。

生見尾踏切は、JR横須賀線、京浜東北線、東海道線を横断する延長約40mの踏切。

2013年8月に、当時88歳の男性が、踏切を渡りきれず電車と接触し命を落とす事故が発生した。


2014年10月17日
横浜市鶴見区岸谷・生麦







京浜急行踏切

京浜急行電車が通過



画像




画像



生見尾踏切は全長40mあり、しゃがんでも、向う側が見えない。



画像



京浜急行踏切を渡る。


安全対策ニュースが張ってある。

昨年死亡事故が発生した生見尾踏切について、
横浜市は8月18日、踏切を廃止しエレベーター付きの「こ線人道橋」を整備する方針を示した。

市は今年度中を目標に詳細設計を行い、2年程度で工事を完了させたいとしている。



画像



JR踏切内を自転車で横切る人



画像



岸谷側入口

踏切の途中にも遮断機がある。



画像



2014年10月17日
横浜市鶴見区生麦




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック