Sewer and manhole  レンガ造りのマンホールと下水道


レンガ造りのマンホールと下水道


「よこはま 中区の歴史を碑もとく絵地図」を携行して、横浜居留地コースを巡った。



29 日米和親条約締結の地、玉楠、レンガ造りのマンホールと下水道ほか

1854(安政元)年、この地で、日本の開国を決定した和親条約が結ばれた。その記念碑のほか、ペリー上陸時から横浜のまちを見守り続けた玉楠の木(関東大震災等で被災後も3度芽吹く)、初めての近代的下水道施設、旧居留地にあった大砲、大さん橋付近に設置されていた時計塔などいくつもの歴史的遺物がある。

よこはま 中区の歴史を碑もとく絵地図 より




2014年7月23日
横浜市中区日本大通り


関連

Yokohama Walk みなと・山手の丘めぐり 3 横浜居留地コース 
http://hamabra2.at.webry.info/201407/article_78.html

横浜市域文化財 01 一般建造物(建造物)
http://hamacul.at.webry.info/201406/article_4.html








画像


開港広場


画像


レンガ造りマンホールと下水管


画像


説明

明治10年代に築造されたレンガ造りマンホールと下水管
          (国登録有形文化財)
 明治14年から20年にかけて、旧関内外国人居留地(現在の山下町と日本大通りの一部)一帯で下水道改造工事が実施され、卵形レンガ管と陶管の下水道が整備された。
 その下水幹線7本とマンホール37ケ所はレンガ造りで、材料のレンガは、東京府小菅の東京集治監のレンガ工場に注文して築造されたものです。
設計者は東京大学理学部第1回卒業生、当時神奈川県土木課御用掛の三田善太郎氏で、これは日本人が設計したわが国最初の近代下水道と言えるでしょう。
 このマンホールは明治15年頃築造されたもので、昭和57年4月にこの公園の整備中に発見され、当時のままの状態で保存されています。平成10年9月に下水道施設ではわが国初めての国登録有形文化財に登録されました。
                   横浜市下水道局
                     平成10年3月


画像


登録有形文化財 銘板


画像


マンホール


画像






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック