Spiral Pile 101年間大さん橋を支えた螺旋杭


101年間大さん橋を支えた螺旋杭


「よこはま 中区の歴史を碑もとく絵地図」を携行して、ミナト・ヨコハマコースを巡った。



6 101年間大さん橋を支えた螺旋杭

桟橋を支えるため、人力で海底にねじ込まれた螺旋杭。1894(明治27)年から101年間、先代の大さん橋を支えていた。展示されているのは関東大震災の復旧工事で施工されたもの。

よこはま 中区の歴史を碑もとく絵地図 より



大さん橋ふ頭ビルの隣と玄関前に、101年間大さん橋を支えた螺旋杭が展示されている。


2014年7月6日
横浜市中区海岸通一丁目


関連

Yokohama Walk みなと・山手の丘めぐり 1 ミナト・ヨコハマコース 
http://hamabra2.at.webry.info/201407/article_16.html








画像


螺旋杭


画像


説明パネル



説明文

101年間旧大さん橋を支えた螺旋杭
  明治27年~平成7年

螺旋杭は、桟橋を支えるため
下端に螺旋状の円盤が付いた
杭で、その形状を利用した人力で
海底にねじ込まれたものです

展示してある杭は関東大震災の
復旧工事(大正13~14年)で施工
されたものです
長さ2m/円盤直径1.8m/重量 約6t



画像


螺旋杭 螺旋状円盤部分


画像


玄関前に展示の螺旋杭





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック