Chojahara Remains 長者原遺跡 <横浜市青葉区>


長者原遺跡



荏田猿田公園と周辺の台地上に、かつて古代の武蔵国都筑郡の役所である郡衙(ぐんが)が存在していました。


荏田猿田公園



画像



荏田猿田公園にある長者原遺跡の標識



画像




長者原遺跡

 この荏田猿田公園と周辺の台地上は、土地区画整理事業にともなって行われた昭和54~56年の発掘調査によって、かつて古代の武蔵国都筑郡の役所である郡衙が存在していたことが明らかとなりました。
 遺跡は東名高速道路をはさんで約200m四方の広範囲におよび、数10棟の掘立柱建物跡のほかに有礎式建物跡、溝、竪穴住居跡などが発見されました。西側の台地上では農民から徴収した稲穀などを収納した「正倉」、東側台地の中央は、正倉を管理し郡の政務をとった「郡庁」、その北東から南にかけての周辺は「正倉」や郡の役人(郡司)の宿舎である「館」がありました。また、遺跡内からは都筑郡を示す「都」の墨書土器のほかに様々な遺物が出土しました。
 北側の谷すそを通る国道246号は、8世紀後半の頃は相模から武蔵にいたる東海道であったとかんがえられており、都筑郡衙が当時の幹線道路ぞいに設けられていたことを示しています。

 平成4年10月
    横浜市教育委員会

(写真)遺跡中央部の航空写真





画像



横浜市歴史博物館で発掘された土器などを見ることができる。


2014年7月5日
横浜市青葉区荏田町


関連

長者原遺跡@あざみ野の歴史
http://azamino-history.jp/history/history3-5.html

長者原遺跡@Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E8%80%85%E5%8E%9F%E9%81%BA%E8%B7%A1






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック