The beginning of the sewer in Yokohama 横浜の下水道のはじまり


横浜の下水道のはじまり


「よこはま 中区の歴史を碑もとく絵地図」を携行して、横浜居留地コースを巡った。

中華街に横浜の下水道のはじまり碑がある。


36 横浜の下水道のはじまり

明治初期から使用されいた陶管の下水道に代わり、1881(明治14)年からレンガ造りの下水管に改修された。断面が卵形のため卵形管と呼ばれる。一部は中華街南門通りで今も使われている。

よこはま 中区の歴史を碑もとく絵地図 より




2014年7月23日
横浜市中区山下町


関連

Yokohama Walk みなと・山手の丘めぐり 3 横浜居留地コース 
http://hamabra2.at.webry.info/201407/article_78.html








画像


「横浜の下水道のはじまり」碑


画像




画像


碑文


碑文

横浜の下水道の始まり

 ここに展示の構造物は、昭和56年2月に、中区山
下町37番地から発掘された卵形下水管である。
 明治3年に関内居留地内全域に陶管を埋設した。
これが、わが国最初の近代的下水道であった。その
後、明治14年からこれをレンガ造りの下水管に造り
変えた。その断面が卵形をしているので卵形管と呼
ばれる。この時の卵形管の一部は、中華街南門通り
で現在も使われている。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック