Sankeien Garden 横浜探訪 三渓園


横浜探訪 三渓園




画像


外苑 へ


画像


内苑 へ



所在地


横浜市中区本牧三之谷58-1
北緯35度25分1秒 東経139度39分32秒


2014年6月13日 第一版
2016年3月1日 第二版



三渓園について


 三渓園は、明治時代末から大正時代にかけて製糸・生糸貿易で財をなした横浜の実業家・原三渓(本名富太郎)が、東京湾に面した”三之谷”と呼ばれる谷あいの地に造りあげた、広さ約175,000㎡(53,000坪)の日本庭園です。明治39(1906)年に一般に公開された外苑と、三渓が私庭としていた内苑の2つの庭園からなり、京都や鎌倉などから集められた17棟の歴史的建造物と四季折々の自然とがみごとに調和した景観が見どころになっています。
 三渓は、芸術家や文学者などの文化人たちと広く交流したことでも知られ、三渓園は美術・文学・茶の湯など近代日本文化の一端を育んだ場所でもあります。学術上・芸術上、そして観賞上優れていることから、平成19(2007)年には国の名勝に指定され、庭園全域も文化財として位置づけられました。

   三渓園リーフレットより


交通


横浜市営バス
・根岸駅より
 ・ 1番乗り場から58系統(横浜駅前・みなと赤十字病院行き)、99系統(桜木町駅前行き)、
    101系統(保土ヶ谷車庫前行き)、本牧下車・徒歩7分。
 ・7番乗り場から54系統(本牧車庫前行き)、97系統(根岸駅前行き)、本牧三渓園入口下車・徒歩3分。

・桜木町駅より
 ・ 2番乗り場から8系統(本牧車庫前行き)、148系統(急行本牧車庫前行き)、本牧三渓園前下車・徒歩3分。
 ・ 2番乗り場から58系統(磯子車庫前行き)、本牧下車・徒歩7分。
 ・2番乗り場からぶらり三渓園BUS(三渓園行き)、三渓園下車。
 ・ 11番乗り場から101系統(根岸駅前行き)、105系統(本牧車庫前行き→間門経由便のみ)、
    106系統(本牧車庫前行き)、本牧下車・徒歩7分。

・横浜駅東口より
 ・ 2番乗り場から8系統(本牧車庫前行き)、148系統(急行本牧車庫前行き)、本牧三渓園前下車・徒歩3分。
 ・ 2番乗り場から58系統(磯子車庫前行き)、本牧下車・徒歩7分。
 ・2番乗り場からぶらり三渓園BUS(三渓園行き)、三渓園下車。

・元町・中華街駅4番出口 山下町バス停より
 ・ 2番乗り場から8系統(本牧車庫前行き)、148系統(急行本牧車庫前行き)、本牧三渓園前下車・徒歩3分。

   三渓園@Wikipediaより




画像
画像
三渓園案内図


関連

三渓園 昔むかし
http://hamacul.at.webry.info/201606/article_40.html

三渓園@三溪園保勝会
http://www.sankeien.or.jp/

三溪園@Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%B8%93%E5%9C%92





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック