blog横濱探訪2

アクセスカウンタ

zoom RSS Mawari Jizo 文化財探訪 新羽町三谷戸廻り地蔵 <横浜市港北区>

<<   作成日時 : 2014/09/27 02:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


文化財探訪で横浜市港北区新羽町を訪れた。

新羽町では、三谷戸に住む35件で、廻り地蔵講が古くから長い期間に渡り脈々と続いてきている。


文化財
・横浜市指定無形民俗文化財(無形民俗)
 鶴見川流域の廻り地蔵
 @白山町廻り地蔵講 緑区
 A池辺町薮根廻り地蔵講 都筑区
 B新羽町三谷戸廻り地蔵講 港北区


2014年9月26日
横浜市港北区新羽町


関連

横浜市域文化財 14 無形民俗文化財
http://hamacul.at.webry.info/201406/article_17.html




画像


新羽新道から三谷戸方面を望む


画像


向谷戸


画像


港北産業道路

三谷戸のひとつ


画像


地蔵講代表者邸付近










市文化財
新羽町の「廻り地蔵」 指定 文化
「三谷戸」に古くから伝承

タウンニュース 掲載号:2013年11月28日号

 横浜市は先ごろ、今年度の市文化財に指定4件、登録1件を新たに加えた。その中で新羽町の「三谷戸(さんやと)廻り地蔵講」が無形民俗文化財に指定されている。

 「廻り地蔵講」は、地蔵を家から家へと送り、地蔵を迎えた家は、大切にまつることを習わしとしてきた民俗行事。

 新羽町では、三谷戸の中井根、向谷戸(むかいやと)、久保谷戸(くぼのやと)に住む35件で、古くから長い期間に渡り脈々と続いてきている。地蔵は、重さ約10kg、高さ1m、幅50cm程度の厨子に入れられており、迎えた家では茶や飯、線香を供える。次の家に運ぶときは、賽銭を添えることもあるという。預かる期間は短い家では1週間程度、長い家では数年にもなる。三谷戸の住民の1人は「この前、私の家に来たのは10年以上も前になると思う。古くから行われてきた習わしで、恐らく災難や病から家を守るために続けてきたのではないかと推察している。始まった時期は不明ですね」と話している。

計245が指定・登録

 このほか「廻り地蔵」では、白山(緑区)、池辺町(都筑区)、下飯田(泉区)が無形民俗文化財に、有形文化財では「旧日本綿花横浜支店事務所棟」(中区)が、史跡では「元町貝塚」(中区)が指定されている。地域史跡では「伝畠山重保墓(でんはたけやましげやすはか)」(金沢区)が登録されている。市は後世に残存させることを目的に、市内の有形・無形文化財を毎年、指定・登録しており、今年度の追加により、文化財では153件、登録地域文化財は92件となっている。






Copyright(C) まさじ (Masaji) 2013-2016

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Mawari Jizo 文化財探訪 鶴見川流域の廻り地蔵
文化財探訪で、鶴見川流域の廻り地蔵が続けられる白山町、池辺町、新羽町を訪れた。 ...続きを見る
blog横濱ぶらり探訪2
2014/09/27 02:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Mawari Jizo 文化財探訪 新羽町三谷戸廻り地蔵 <横浜市港北区> blog横濱探訪2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる