blog横濱探訪2

アクセスカウンタ

zoom RSS Sculpture Exhibition of sand 横浜初上陸! まもなく「砂の彫刻展」

<<   作成日時 : 2014/07/16 12:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


弁天橋東詰の特設会場でまもなく「砂の彫刻展」が始まる。

プレスリリスには

横浜初上陸!日本・中国・韓国の作家による迫力の作品が集結

とある。


7月19日オープン

 

画像



通りの生垣の間から設営中の会場が見える



画像



お昼時なので休憩中



画像



近年の日中韓の関係は「砂上の楼閣」だが、芸術は「毛利家の三本の矢」で・・・


2014年7月15日
横浜市中区本町6丁目


関連

ヨコハマ砂の彫刻展HP
http://www.yokohamasand.jp/




『ヨコハマ砂の彫刻展』展示コンセプト


ヨコハマ砂の彫刻展とは今から遡ること155年前…横浜は海に面した静かな地域でしたが、ペリーの来航から港が繁栄し文化が往来し、日本有数の都市となっていきました。
2014年は、東アジア域内での文化芸術による発展を目指す「東アジア文化都市」として横浜市(日本)・泉州市(中国)・光州市(韓国)が選定され、さらに文化芸術・クリエイティブ産業・観光における交流の推進を目指しています。
今展覧会では、日本最大級の海岸砂丘である鳥取砂丘の砂を素材に、彫刻作品を創り上げていきます。制作に携わるのは日本・中国・韓国をはじめ、世界の砂像彫刻家達。率いるは、日本では数少ないプロ砂像彫刻家・茶圓勝彦さんです。
地球の記憶が込められた砂による造形から、それぞれの悠久の歴史を邂逅し、互いの文化を讃え、新たな共感や対話を生む機会となることを目指しています。

開催時間
夏期:7月19日(土)〜8月31日(日) 11:00〜21:00
秋期:9月1日(月)〜11月3日(月・祝) 10:00〜20:00

会 場
中区本町6丁目(横浜市 北仲通南地区)
みなとみらい線馬車道駅出口1aから徒歩1分、JR桜木町駅から徒歩5分

主 催
神奈川新聞社・2014年東アジア文化都市実行委員会

 プレスリリースより





Copyright(C) まさじ (Masaji) 2013-2016

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
日中韓の歴史偉人が一堂に 「ヨコハマ砂の彫刻展」開幕
鳥取砂丘の砂を使った「ヨコハマ砂の彫刻展」が19日、北仲通南地区で始まった。日本・中国・韓国の「始まりの物語」をテーマとする歴史や文化を表現した建造物、人物像などが並び、初日から大勢の来場者でにぎわった。11月3日まで。 ...続きを見る
ローカルニュースの旅
2014/07/21 22:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Sculpture Exhibition of sand 横浜初上陸! まもなく「砂の彫刻展」 blog横濱探訪2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる