blog横濱探訪2

アクセスカウンタ

zoom RSS Remains of Terao Castle 寺尾城址 <横浜市鶴見区>

<<   作成日時 : 2014/07/09 06:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0


寺尾城址



横浜の文化財探訪で寺尾城址を訪れた。


文化財
・横浜市登録有形文化財(史跡)
 寺尾城址


2014年7月8日
横浜市鶴見区馬場三丁目


関連

横浜市域文化財 11 史跡
http://hamacul.at.webry.info/201406/article_14.html








画像


寺尾城址は高台にある。

西側から入る。


画像


説明版



説明文

寺尾城址の発掘

 殿山公園から西方にかけての丘陵一帯は、寺尾
城址として古くから知られていました。平成5年
12月に、殿山公園の整備事業に伴う発掘調査が財
団法人横浜市ふるさと歴史財団埋蔵文化財セン
ターによって実施されました。
 調査は、東西に延びる『空堀』の一部を含めた
丘陵頂部の170uの範囲を対象として行われまし
た。発掘調査の結果、空堀は、断面が底の狭いV
字形を示し、壁の角度(勾配)が50°〜70°と急傾
斜で、地表面から堀の底までの深さが約3m、底
の幅は約1mでした。堀のなかには土塁の崩落に
よると推測されるローム土が多量に堆積し、上位
からは江戸時代の宝永年間に噴火した富士山の火
山灰が発見されました。このことから、この堀は
18世紀初頭には大部分が埋まっていたことが明ら
かとなりました。
 この発掘調査によって、『新編武蔵風土記稿』に
記され、「寺尾城址」として伝承されている中世城
郭祉の存在を初めて考古学的に裏付けることがで
きました。
 平成6年3月
    横浜市教育委員会



画像


入口を探しながら坂を下る


画像


殿山公園入口

階段を下る


画像


殿山公園内の説明版


画像


説明



説明

寺尾城の遺構

寺尾城は戦国時代に、小田原北条氏に
仕えた諏訪三河守五代にわたる城址であ
る。永禄十二年(一五六九)十月、武田信玄
の小田原侵攻のさいに寺尾城は没落した
といわれている。城跡には、当時の空堀
・土塁・曲輪など中世の城郭が残り貴重
な遺跡となっている。
   鶴見歴史の会



画像


寺尾城址は柵で囲んであり、
中に入れない。


画像


西へ150mほど行くと
住宅街に寺尾城址の碑がある





Copyright(C) まさじ (Masaji) 2013-2016

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
横浜市域文化財 11 史跡
横浜市域文化財11 史跡 ...続きを見る
blog横濱の文化探訪
2014/07/09 09:02
横浜市域文化財 11 史跡 -2-
横浜市域文化財11 史跡 ...続きを見る
blog横濱の文化探訪
2014/07/17 14:09
横浜市域文化財 11 史跡 -3-
横浜市域文化財11 史跡 ...続きを見る
blog横濱の文化探訪
2014/08/23 20:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Remains of Terao Castle 寺尾城址 <横浜市鶴見区> blog横濱探訪2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる